2022年02月23日

昭和30年代手作りオモチャ! 紙鉄砲

7D1AFDBA-AA78-48C1-99BB-DB2E675EED7A.jpeg

昭和シリーズ(山吹鉄砲・紙鉄砲)

昔の手作りおもちゃで紙を筒に詰めて木の棒で空気を押出し、空気の圧力で詰めた紙を飛ばすオモチャです。
(昔は紙の代わりに山吹の芯を詰めて飛ばしてました。山吹の芯は魚釣りのウキなどに使われていて、芯はスポンジのようにスカスカして軽い物です)
詰めた紙が押し出される時ポン・ポンと音がしてとても楽しいので是非試して下さい。
少し慣れてくると誰でも紙を飛ばして遊べる様になりますよ!

ここで少しテクニックを伝授します。
紙(ティッシュなど)を詰める時、少し水に浸し固めに絞り筒の前後に一つまみを詰めて下さい。




posted by もぐら at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴム銃
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189354970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック